クリニック案内

診察時間

 
10:00-14:00
16:00-20:00

▲土曜の診療は第1・第3・第5週目のみ

※休診日:木曜、日曜、祝日、第2・第4土曜

※手術などの都合により、診療時間を変更することがありますので、お電話にてご確認ください。

アクセス

〒104-0061 東京都中央区銀座5-13-14 銀座オリオルビル2F

※日比谷線・浅草線「東銀座駅」より徒歩1分

電話番号 03-5148-3921

院長紹介

永瀬 裕三(ながせゆうぞう)
医学博士

経歴

1979年 千葉大学医学部 卒業
1979年 東京女子医大日本心臓血圧研究所・心臓外科 勤務
1990年 松戸市立病院・心臓血管外科 勤務
1996年 東京女子医大・心臓血管外科 非常勤講師(2009年まで)
2006年 銀座ハートクリニック 開業
2010年 東銀座に移転

專門

小児心臓外科(特に小児の気管気管支軟化症)、弁膜症、大動脈瘤

ご挨拶

現代社会はストレス過剰になっている社会といっていいでしょう。人は、ストレスに晒されると、そのストレスから体を守ろうとして、いろいろなホルモンが分泌され、安定した状態に戻そうとする反応が生じます。しかし、その反応は必ずしも好条件をもたらすわけではなく、いろいろな臓器に働かけ、場合によっては臓器障害をもたらしてしまうこともあります。血管の緊張のために高血圧症を発症したり、疲労から逃れるために過食になり糖尿病、肥満症、脂質異常症を発症したりします。また、その結果として動脈硬化が進展し、心臓障害、腎臓障害、脳血管障害を発症してきます。あるいは、胃腸障害を発症し、食欲減退、消化性潰瘍、過敏性腸症候群なども起こしてきます。また、人はストレスのために、抑うつ気分、無力感、逃避行動をとるようになり、心の病も発症してしまうこともあります。

 私は、こうした病気は生活時間の最も長い場所で、その病気に合ったケアをしていくことがベストと考えます。ストレスがない社会にすることはできません。しかし、ストレスによって芽生えた病気の芽を早いうちから摘み取り管理していくこと、病気を発症してしまった場合はできるだけ安定した病状にしていくことが重要と考えています。
ここ銀座では、多くの人が働いています。そんなビジネスマンやビジネスウーマンの 『職場のかかりつけ医』 となり、少しでも身近な場所で、体の相談にのれる医者、医療機関を目指します。

 また、立ち仕事をされている方が非常に多い土地柄です。当院では下肢浮腫の診断と治療、下肢静脈瘤の診断と治療を積極的に行っておりますので、足のむくみ、疲れ、こむら返りなどでお困りの方はご相談ください。特に下肢静脈瘤に関しては日帰り手術を保険診療で行っております。

主な対象疾患

高血圧症、生活習慣病、不整脈、虚血性心疾患、呼吸器疾患、糖尿病、脂質異常症、下肢静脈瘤日帰り手術、禁煙指導、睡眠時無呼吸症候群など

機材紹介

電子カルテ

各種検査結果や医師による診察内容を分かりやすい状態で整理することができます。

X線装置・デジタル画像ファイリング

X線検査の結果をデジタル化し、パソコンモニターなどで迅速に診断できます。

超音波装置

超音波を使うことで、切開することなく身体の中の様子を知ることができます。

ホルター心電図

24時間身体に装着することで、日常生活中の心臓の動きを記録することができます。

体外式除細動装置

心室頻拍や心室細動といった死に至る不整脈を、電気ショックによって正常化させることができます。

  • スタッフBlog
  • 健康診断をお考えの 個人の方・企業の方
  • 銀座ハートクリニック Facebook